アウトドアの常識が変わる

防災・キャンプ・サバゲなどのグッズを紹介するOremoyan様にテントサイルをご紹介して頂きました。

2016年4月30日

この度防災・キャンプ・サバゲなどのグッズ情報を紹介するOremoyan様にテントサイルをご紹介して頂きました。
テントサイルは、ハンモックの快適な揺れ具合とテントの安心感や快適性を兼ね備えたポータブルなツリーハウスとして考案されました。

熊本地震

テントサイルはテント同士を組み合わせたり、重ねて設置することによってソロキャンプから大人数のキャンプなど様々なスタイルのキャンプに対応できる空中テントです。
トリリウムハンモックやCHEハンモックを活用することでテント下も有効活用することが出来ます。
空中に設置することで、強風にとても強いテントサイルのテント上部はメッシュ生地になっておりますので広大な大自然を360度見渡しながら快適なアウトドアライフをお過ごし頂けます。

災害用テント

テントサイルのテントは使用目的はキャンプだけに限りません。
土砂崩れが予想させる場所近隣の方々の緊急避難所として、災害時の子供達への小さなプレーグラウンドとしてもご利用いただけると思っております。
テントサイルのテントはテント端3点を樹木や柱に結びつけて浮かせているので地面や地形の状態によって設置場所に悩む事がなくなります。
地面を流れる濁流や津波などがテント内に進入することもなくなり、避難された方々の体温が奪われないようになります。

大震災

危機管理協会からはアウトドアテント初の災害用テントとしての認定も頂いております。今回の熊本地震では自宅、オフィス共に崩壊状態になってしまいました。
避難場所は想定以上の人々が押し寄せ結局寝る場所はありませんでした。
幸いテントサイルを保持しておりますので3日間は近所の公園で過ごしておりました。

震災

残念ながら自然災害に人間は太刀打ちは出来ません。
問題なのは災害が起きる前にどう行動するのかだと思っております。
大切な家族の笑顔が永遠に続く事を心より願っております。

Oremoyan様ご紹介ページ

http://oremoyan.com/outdoor/?p=36


Posted by TENTSILE JAPAN(テントサイルジャパン)公式通販サイト at 13:06 / メディア掲載情報,未分類コメント&トラックバック(0)

これまでのテントの常識が変わる
テントサイルは、新たな目線からアウトドアが楽しめるユニークなエアテントです。